http://www.2ko2kora2ko6256.com シバジョーのブログ: 9月 2018

2018年9月29日土曜日

笑える小説の表紙



 こんにちは、シバジョーです。

本日はまた笑える小説の表紙を紹介していきます。

まずはこれです。





小説のタイトルが、Texting Mr. Right(Mr.ライトとメール中)なのに、笑顔の謎の男性に膝枕されながら、女性がライトにメールを打っています。
私がライトだとしたら…かなりイラッと来ますね。でもライトが悪質なストーカーで、この女性は「私には好きな男性がいるからもう近づかないで」とメールを打ってるのかもしれませんね。



そして次はこれです。




But... You're a Horse(だって……、あなたは馬だから)
どんなタイトルだよ! この馬に好かれてしまっているのでしょうか(;^ω^) 一体どんな内容の小説なのでしょう。



これもかなりヒドイです。




貴婦人のまぶしい笑顔の表紙ですが、タイトルをよく見てください・・・

Old Ladies Who Love Porn(ポルノが好きなおばあちゃん)

これはダメでしょう。タイトルもヒドイですし、表紙の貴婦人の笑顔とアンバランスすぎます。

でもある意味一番笑えるかも。



こちらも意味不明な表紙です。









どんな小説なのか想像もつきません



でもどんなにぶっ飛んだ表紙であっても、人を引き付けることが出来れば勝ちですから全然OKです。

・・・OKなのか・・・



2018年9月27日木曜日

キンドルで出版されている小説の意味不明な表紙




 こんにちは、シバジョーです

電子書籍としてキンドルから出版されている作品にも名作はいくつもあります。

しかしどんなに名作でも電子書籍の場合、表紙の出来が悪かったり意味不明なものでは購入してもらえなくなります。

タイトル同様に表紙も大切なものとなります。

そこで本日は「キンドルで出版されている小説の意味不明な表紙の紹介」をしていこうと思います。




はい、いきなり意味不明な表紙です。
何故上半身裸の男が叫んでいるのか。そして何故ハンマーを持っているのか(タイトルがトールのハンマーですから、まぁ良しとしましょうか)。 ハンマーを持って叫んでいる男の前ですまし顔をしているこのスーツの男は何者なのか。で、何故「日本」という文字が入れられているのか・・・ すべてにおいて意味不明な表紙です。
でも逆に読んでみたくなるから悔しいです・・・




 この表紙も全くもって意味不明。ツッコミどころが多すぎてツッコめないです(・_・;)
でもイタチは可愛いですよね。





これはもう売る気が無いでしょう。酷すぎて笑ってしまいますね。
このヒトデみたいのはなんでしょう(・_・;) これがタイトルのYISSISSで、このヒトデのようなのが戦争をしていくのでしょうかね?
でもずっとこの画像を見ているうちに、このヒトデがキュートにも思えてきました。


キンドルに出版されている意味不明な表紙はまだまだありますので、次回も続けて紹介していこいうと思います。

2018年9月25日火曜日

改行の規則



本日は改行の規則についてのお話を少し。

小説を書いていくには、段落をつけないといけませんよね。

でも見街と改行の規則を知らない人って多いんですよ。

ですので、本日はその説明をします。



改行が多すぎても読者さんはうんざりしてしまいますし、逆に改行が無さ過ぎても、文字の連続に読み疲れしてしまいます。

改行にはタイミングが必要なんですね。


改行のタイミング、それは、

○視点が切り替わる時

○主題が変わる時

○時間の流れが変わる時

○カメラアングルが変わる時

などですね。文章に一つの区切りがついた時に改行してやるだけで、だいぶ読みやすくなります。


一つの話題が終わった時に改行するのが一番自然でいいでしょう。

そして、それらの話がまとまって、一つの大きな括りが出来た時に空白を入れてください。



2018年9月23日日曜日

秋の青空の下、微笑ましい光景



こんちには、シバジョーです

 先ほど北海道大学の植物園のあたりを歩いていると、7歳くらいのお兄ちゃんが5歳くらいの妹にキックボードの乗り方を教えていました。


秋の青空の下、「こう?」 「違う、こうだよ」 「こう?」 「う~ん、惜しい。足を一個乗っけておくの。で、もう一個の足で蹴るの」 「キャハハ、クマさんみたい」 と会話をしていて、なんかいいなぁと思ってしまいました。

私は一人っ子ですから、兄弟で楽しそうに会話しているのを見ると、凄く羨ましく感じます。

私も兄貴が欲しかった・・・ あ、でもお姉ちゃんでもいいですね。

親以外にも頼れる存在が欲しかったのかも。

あと弟か妹がいてもいいかな。可愛いでしょうし。

ですが、こんなことを言っていたら兄弟がいる人から大抵こう言われます。

「何言ってんだよ。一人っ子のお前が羨ましいよ」


そんなものでしょうかねぇ・・・

私も兄貴にキックボードや自転車の乗り方を教えてもらいたかったなぁ。

まぁ、自転車の乗り方はしっかり親父に教えてもらったんですけどね。

小学校の駐車場で一日がかりで(;^ω^)



2018年9月21日金曜日

すすきの 「ニッカおじさん」の復活



こんにちは、シバジョーです。

ようやくすすきのの「ニッカおじさん」に明かりが灯りました。


地震から2週間で、ようやく復活してくれました。

看板に明かりが灯った時には、集まっていた人々から歓声も上がったらしいです。

「ニッカおじさん」が復活するまでは、飲みに行きづらいと感じてる人が多く、すすきのの街はガラガラでしたが・・・

昨日はけっこうな人がすすきのに来ていたようです。

しかし被災地ではまだ断水状態ですし、多くの人が避難所で暮らしていますので、私はまだ飲みに行けていません。


まだ居酒屋でも食材が足りず、メニューの半分以上が欠品している店もあるようですし。

そのためお客さんの数も、いつもの3割ほどだとか。

「ニッカおじさん」は復活して活気が戻ったようにも思えますが、実際はまだまだ傷跡は深いのかなと思います。


これからも頑張っていかなければなりませんね。



2018年9月19日水曜日

情景描写で悩むことはなくなるかもしれません



 情景描写で悩む作家さんの数が、最近減少傾向にあります。




ですがそれは作家側の情景描写の技術が向上したからではなく、活字嫌いの読者の数が増えたという事です。

緻密で細やかな情景描写を好む読者さんも、まだある程度はいらっしゃるのですが、明らかにそういった情景描写を苦手とする読者さんが増え、そういった描写は読み飛ばされてしまうそうです。


悲しい事ですが、これが現実で、緻密な情景描写を捨て去ろうとする作家さんまでいます。

読者さんに好かれる本を書き売り上げを伸ばすためには、それが最善の策なのかもしれません。 ・・・ですが、売り上げだけを気にしていていいのかい?


しかし私も今回の作品で情景描写をどう書いていいか、まだ悩んでいます。

緻密で細やかな情景描写を書いても、それがただの作者の自己満足になってしまわないかという恐れもあります。

読者さんに「あ、こいつ自分に酔ってるな」なんて思われたくないですしね。

しかし情景描写を簡略化してしまうのも、どうなんでしょうねぇ・・・


という嘆きでした。


2018年9月17日月曜日

会話文について



こんにちは、シバジョーです。

先日アップした記事へのコメントで「チリトマトヌードル凄く美味しいですよ」とレビさんが書いてくれていたので、「これは食べてみなくては」と思い、この前行ったコンビニに買いに行ったのですが・・・


全種類完売していましたΣ(・□・;)

やっぱり皆さん、また大きな地震が来た時のために備えて、カップ麺などを買っているのでしょうね。

でも何故か、空っぽの商品棚に「どん兵衛」が4つ売れ残っていて、なんか寂しい気持ちになりました。

私けっこうどん兵衛好きなんですけどね。昨日は買いませんでしたけど・・・


でも、チリトマトヌードル食べてみたかったなぁ。


さてさて、それでは本題へ。

今日は会話文についてのお話を少ししようと思っています。

会話文には、ハッキリとしたルールはありません。

どのように書こうとも、自由なのです。

しかし自由である反面、作家さんの力量やセンスが分かる部分でもあります。

いい会話文を書くには、センスが大事なんですよ・・・・・・・ 耳が痛い・・・

会話文を書くことが上手な作家さんは一発で、読者を引き寄せる会話文を書くことが出来ますが、センスのない作家さんだと何度書いても、いい会話文にならないんです。

これはもう努力でどうにかなる物ではなく、センスがあるかないかなのです。


ですが、どれだけ面白い会話を思いついても、最低限の技法すら持っていなければ、どうしようもありません。


会話文を書いていく上で必要な技法はこの3つです。

○同じ人物の会話は、連続で並べてはいけない
○会話文が連続する場合は、適度に地の文を入れる
○発言内容や口調などで、書き分けをする



2018年9月15日土曜日

5種類のカップヌードル。どれを選ぶべきか・・・


こんにちは、シバジョーです。

私は普段カップ麺などは、あまり食べることがありません。

なんか体に悪そうな気がしますので控えています。

ですが、昨日コンビニでカップヌードルを見つけて、買ってしまいました。

いつ大きな地震にまた襲われるかもわかりませんので、最低限の食料だけは確保しておこうと思ったのです。

カップ麺の中でも、カップヌードルって一番信頼できる気がしませんか?

昔から私たちの暮らしに寄り添ってくれているカップ麺ですよ。

しかしここで問題が一つ。

カップヌードルは「お一人様4個まで」と注意書きがされております。

そして商品棚に置かれているカップヌードルはこの5種類です。



普通のカップヌードル。レギュラータイプとでも言うのでしょうか? けっこう美味しいと思います。カップヌードルといえばこれですよね。THEカップヌードルです。



カレーヌードル。これももう馴染の味ですよね。これを食べると地元の市立病院の食堂を思い出します。カレーヌードルのようなカレーラーメンが680円で食べられると、有名でした。けなしてません、褒めてるんですよ。タバコの煙とオジサンの咳が広がる薄暗い食堂の中で食べるカレーヌードルのようなカレーラーメン。思い出の味です。



シーフードヌードル。カップヌードル界の王者です。シーフードヌードルは一部では「カップヌードル界の支配者」とも言われています。すべてのカップ麺の中で一番美味しいとの噂もあります。黒コショウを振りかけて食べると絶品です。



カップヌードル「SIO」 はい、塩です。



カップヌードル「チリトマト」 これは食べたことがありません。トマトパスタのラーメン版と考えてもいいのでしょうかね。試してみる価値はありそうです。




さてさて、コンビニの商品棚にはこの5種類のカップヌードルが並んでいるわけですよ。

しかし「お一人様4個まで」


皆さんならどれを選びますか? まだ個数はありましたので4つ全て同じ味でもOKです。



ちなみに私が選んだのは、カレーヌードル1つに、シーフードヌードル3つでした。


なかなかいい選択をしたでしょう。


2018年9月12日水曜日

震災後のすすきのを見てきました



シバジョーです。

 地震から6日経ちまして、少しずつではありますが札幌も復旧してきています。

と言っても電力の完全復旧は11月以降になるそうですし、計画停電などの可能性もあるので、まだまだ先は長そうです。

そして電力が復旧するまでは、食品工場なども稼働させることが出来ないようですので食料品の品薄もまだまだ続くようです。

頑張らなければ(;’’)


そいで、昨日はちょっとすすきのの方まで行ってみました。


普段のすすきの




これが今のすすきの





真っ暗です・・・


実際はもう少し電気がついて明るくはなるのですが、すすきののメインストリートでこんな感じです。



そしてお店もほとんど営業していませんでした。


コンビニもこんな状況なのですから当たり前ですよね。




寂しいものです。

私自身も札幌復旧のために出来る事を探さなければならないな。


2018年9月10日月曜日

復興の兆し?



まだ余震は続いていますが、札幌は少しずつ日常を取り戻しつつあるように思えます。

地下鉄やJRも本数は減っていますがなんとか復旧しましたし、スーパーも品数は少ないものの営業を再開してくれました。

空っぽ状態ですがコンビニも空いてますし。



物は置いていなくても、コンビニやスーパーが開いているだけで、何だか心強いです。

コンビニが閉まっているだけで、街の空気が暗くなっている気がしていましたから、空っぽのコンビニでも日常を感じさせてくれているのかもしれませんね。


こんなにたくさんバナナを置いてくれているコンビニも。




こちらはネタの乗っていないお寿司。




普段なら「ふざけんな」って思うでしょうが、こんな状況の時には何だかありがたい気持ちになります。


食材が足りない中でも頑張ってくれているんだろうなぁ、と思います。


そしてスーパーに入荷された70本の牛乳は、ほんの5分で売り切れてしまったそうです。

私はほとんど牛乳を飲みませんので、意外でした。



  最後に

私は元気でやっております。余震が来る度に震えていますが、まだ大丈夫です。

親から授けてもらった名の通り、何があっても揺ぎ無く立ち続けるのです。(*^^)v



2018年9月8日土曜日

大地震から2日



シバジョーです。

 札幌はまだ余震が続いており、気を抜けない日々を過ごしておりますが、ほとんどの身内の無事を確認することが出来ました。

私は親戚付き合いもあまりしない方ですが、無事なことが分かり安心しました。

(まだ何人かとは連絡は取れていませんが)

部屋の中は、この記事をアップしてからまた片付けなくてはなりません。

本棚も壊れてしまいましたので、本が平積みでいたるところに山を作っているのです。




この際、断捨離してしまおうかな・・・






昨日ツイッターで、我が家の食料が少なくなってきたことを何気なくつぶやいたら、レビさんからすぐにlineがきて、「大丈夫? ウチにまだ食べ物あるから持ってってあげるよ。地下鉄動いてないかな。タクシーででも持ってくよ」と言ってくれました。

このlineを見て、ウルっときちゃいました。

レビさん、私涙もろいんですからそんなに優しくしたらダメですって。

そして、その後も何度も「食べ物持ってくよ」と言ってくれました。

あなたは天使か!

でも本当にありがとうございます。

本気で嬉しかったです。


そして一度しか会っていない私の母のことも凄く心配して下さり、私の涙腺はボロボロに・・・

ありがとう、レビさん。


2018年9月7日金曜日

生きてさえいれば



昨日午前3時過ぎに大きな地震がありまして、札幌どころか北海道全域が停電、そして断水になってました。

私の住む地域では午後5時には停電も断水も回復しましたが、タンスは崩れ、物が散らばり、もうひっちゃかめっちゃかです。

一時は足の踏み場もなくなっていました。


そして食料品も手に入らず、どうしよう状態です。




ですので、ブログ巡りなどもしばらくの間出来なくなるかもしれません。

申し訳ないです。


そしてたくさんの励ましや、心配してくださるメッセージやコメントをいただき、大変元気づけられました。本当に嬉しかったです。

ありがとうございました。

これからも大きな余震が続くようですし、復旧までには時間がかかるかもしれませんが頑張って行こうと思います。


生きてさえいればなんとでもなりますから。



2018年9月5日水曜日

ガメラじゃないです ポメラです



 私は集中できるときは、自分でも恐ろしくなるくらい真剣に執筆に取り組めるのですが、集中できないときは、意識があっち行き、こっち行きで全然ダメです。

そんな私が今購入しようか検討しているのが、デジタルメモのポメラです。

これですよ、これ




このポメラさん、けっこうお高いんですけど、テキスト専用なんです。

テキストしか打てません。

でもそこがいいところだと思っています。


集中できない日って、どうしても執筆だけしていられず、インターネットの世界に飛んでしまったりすることがあります。

ダメだと分かっていても、ついつい開いてしまうんですよね。

きっとが執筆から逃れたいのでしょうね。


そういった誘惑を断ち切るために、テキストしか打つことの出来ないポメラさんを我が家に呼ぼうかと考えています。

「ポメラさんが来ても、スマホあったら意味ないじゃん」

いえ、大丈夫です。執筆中、スマホは金庫の中にしまうようにしています。

ポケットと言う金庫の中に。



デートに行ってきました

こんにちは、シバジョーです。 学生時代に使っていたパソコンを引っ張り出して書いているので、本日の記事も短くなりますがご勘弁を。 先日レビさんとデートに行ってきました。 午前中にバタバタしていましたので急いで支度をして向かいましたが、この日は雨に降ら...