http://www.2ko2kora2ko6256.com シバジョーのブログ: 小説の書き出しの難しさ

2018年6月28日木曜日

小説の書き出しの難しさ




小説の書き出しで悩んだことはありませんか。

小説の顔ともなる書き始めの部分が、小説の執筆において一番難しいとも言われています。

書き出しにはやはり神経を使ってしまいますよね。書き出しが優れている小説は、ほとんどの場合、内容も優れていますから。「書き始めからの数ページで作品の価値が分かる」と発言された作家さんもいますしね。

私も書き初めには、ずっとこだわりを持っていました。

でもこだわりが強すぎると、いつまでも前に進めないんですよね。一行目から数ページ目までを何度も書いては書き直し、何度も何度もそれを繰り返し、一週間近く費やしたこともありました。

 それでも結局は、無難な書き出しに終わってしまいました。

やっぱり、力を入れ過ぎることは間違っていると思うのです。
もちろん小説の顔とも言われる大事な部分ですから、真剣に書いていく必要はあります。
ですが、いい物を求めるがゆえに、力を入れ過ぎては文章を打ち出す指が止まってしまいます。

自分にとって最高の文章が書ける時って、力を緩めている時だと思いませんか。

神経質になり、力を入れれば入れるほど、最高の書き出しは遠のいて行きます。

小説の書き出しで困っている皆さん。一度肩の力を抜いてみるのも手だと思いますよ。


  シバジョーのつぶやき
昨日はとても参考になる話をレビさんから聞けました。とても真剣に答えてくれていたので、その気持ちがまた嬉しかったです(*^^)v
この話は後日、レビさんとのデート記事で詳しく書きますね、




0 件のコメント:

コメントを投稿

デートに行ってきました

こんにちは、シバジョーです。 学生時代に使っていたパソコンを引っ張り出して書いているので、本日の記事も短くなりますがご勘弁を。 先日レビさんとデートに行ってきました。 午前中にバタバタしていましたので急いで支度をして向かいましたが、この日は雨に降ら...