http://www.2ko2kora2ko6256.com シバジョーのブログ: 夏の日差しと名作の影

2018年6月26日火曜日

夏の日差しと名作の影



 こんちには。本格的な夏でもないのに、もうすでに暑さにやられているシバジョーです。

特に執筆中には、うだるような暑さを感じています。何故でしょう? アドレナリンが出ているのかな。目を血走らせながらキーボードを打つこともありますし・・・ 
でもこれって間違っているんですよね。頭から炎を出すように書いて行っても、いい作品は出来ません。
リラックスすることが大事なのです。肩の力を抜き、のほほんとキーボードを打っていく。時にその作品の出来に、一人ニマニマ笑みを浮かべながら。それくらいリラックスしパソコンに向かっていると、私の指は良作を描き出そうと踊ります。



青い空に浮かぶ雲のような気持ちですかね。自由な心を持ち得た時にこそ、名作の影がパソコンの画面に映り込み、キーボードで無機質な音を奏でます。J・ブラームスのハンガリー舞曲、第五番のように、耳に心地いい響きです。
それでも名作の姿は遠く、良作がいいところなのですが、それでも満足の出来る作品にはなります。


でも、これだけ暑いと、そんな気持ちにもなかなかなれず、天を仰ぐ私でした。


  シバジョーのつぶやき
ただ、天を仰ぐことも悪いことばかりでもなく、顔を上げた瞬間に「パッ」と言葉が浮かぶこともあります。それで、実は今手掛けている作品のテーマは、その時に浮かんだ言葉なのです。その言葉があってこその作品にしようと思っています。


0 件のコメント:

コメントを投稿

描写に動きをつける方法

小説を書いていると、描写に動きが無く困ったことはありませんか。 登場人物は動いているはずなのに、自分の書いた文章を読むと、「止まったまま動いている」と感じたことはありませんか。実は私、何度もこの経験があります。 で、描写に動きを出すための方法なの...