http://www.2ko2kora2ko6256.com シバジョーのブログ: レビさんとのデート 

2018年6月10日日曜日

レビさんとのデート 



レビさんとデートに行ってきました。

待ち合わせ時刻は12時ちょっと過ぎだったのですが、私は20分近く先に付いてしまい、レビさんをゆっくり待っていました。
私がボーっと待っていると、隣から女性の咳払いのような声が何度か聞こえ、顔は見ずに「この人風邪ひいてんのかな」と思い、レビさんを待つ私。すると数分後に隣の女性がまた何度か咳払いをして、かなり近い位置に立ってるのが分かり、「もしかして、この人は・・・」と思い、ちょっと勇気を出してマスクをした顔を覗き込んでみると、レビさんでした。
美容院に行ったと聞いていましたが、髪型も少し変わり、アイシャドウのカラーも変わっていて、さらにマスクまでしていたため、すぐには気づけませんでした。悔しいです。
っていうか、
    めちゃくちゃ綺麗です!

ホントに惚れてしまいそうです。いや、もうすっかり惚れてるんですけどね。
 惚気るな。冷静になるのだ、私。


 あとで聞いてみると、この時レビさんは私の隣で「いつ気付くのかな~」と、7,8分待っていたらしく、変装していたとはいえ、すぐに気づけなかったことが申しわけなく思ったり。

 
 そしてこの日もシネマフロンティアへ。今回見た映画は、邦画の「恋は雨上がりのように」という大泉洋さん主演の映画でした。レビさんと二人で邦画を見るのは今回が初めてでしたが、とても面白かったです。
この映画の準主役の女子高生が、足を悪くして陸上から遠ざかっていく姿に、身体を壊し大好きだったバスケやテニスから身を引いた自分を重ね合わせ、少しセンチメンタルな気持ちになったり・・・ この映画は低評価らしいのですが、私的にはとても面白かったです。


 映画を見た後は、少し回り道をして、大通りにあるカフェへ行きました。
レビさんが大のコーヒーゼリー好きだと知っていたのですが、なかなか案内できていなかった店へいき、コーヒーゼリーを食べました。
昔食べた時よりもコーヒーゼリーがビターになっており、「こんなにビターなコーヒーゼリーでレビさん大丈夫かな」と思っていたのですが、「美味しかったよ」と言ってくれたので一安心。でも今度は別の店のオススメのコーヒーゼリーも食べてほしいので、また案内しようと計画中です。
 それで私達は、札幌のメジャーな観光スポットのテレビ塔に行こうと話をしていまして、「せっかくテレビ塔行くなら暗くなってからだ」と、カフェで2時間ほどお喋りをして暗くなり始めるのを待ち、いざテレビ塔へ。

 夕暮れの中二人でテレビ塔を目指し歩いていくのですが、この時間がまた幸せなんですよね~。←だから惚気るなっちゅうに

テレビ塔に着き、私たちは展望台へのチケットを買うために3階へ。どうでもいい話かもしれませんが、こんなに広いエレベーターに乗ったのは初めてだったかもしれません。
テレビ塔の3階には色々なご当地グッズが売っていて、けっこう長い時間二人で眺めていました。可愛くないことで有名なご当地キャラの「メロン熊」や、美少女キャラ?の「初音ミク」などのグッズもたくさんありましたが、私たちが目を付けたのは手作り感があるキツネのストラップ。同じキツネのストラップでもどれも微妙に顔つきや、毛量が違うんです。
それで少し悩んだ結果、レビさんはふっくら気味のキツネを選び、私は柴犬っぽいキツネを選び購入しました。オソロです。



柴犬っぽくて可愛いでしょう? 彼の後ろにあるのは黒コショウです。

レビさんの話によると、このキツネのストラップの尻尾は取れやすいそうなので、注意して取り扱おうと思います。


で、展望台まで行こうとしたのですがもう19時を過ぎたくらいでしたので、この日は展望台まで上がるのは止めてすすきのへ。いつかは二人で展望台へも行ってみたいですね~

ちなみこれはテレビ塔の3階から写した写真です。かなり写りが悪いです。




 そしてこの日も私が何件か候補を上げ、「麦と葡萄」という欧州酒場へ行きました。
このダイニングバーでは、店の入り口で小皿に乗せられた20種類ほどの欧州料理から、自分好みのおつまみを選べます。私は前回食べて美味しかったアボカドと海老のカクテルのようなものを頼みたかったのですが無かったため、「カボチャのケーキ」を、レビさんはグラタンかどリアを選んだはず・・・

私達の選んだお通しとカクテルです。


奥のがレビさんので、手前が私のです。




で、こちらがレビさんの頼んだ「本日のベルギーアイス」



こっちが私の頼んだ「タコと北あかりのガリシア風」です。




レビさんからベルギーアイスを一つもらいましたが、アイスも、タコと北あかりのガリシア風も美味しかったです。
でも私が頼んだ方は少し辛味が強かったかな・・・辛味に弱い私にしてはですけど・


そしてこのお店で3時間ほどの時間を過ごしたら、もう終電の時間が近づいていましたので、急いでお会計を済ませ外へ。
外に出ると天気予報が外れ軽く雨が降っていましたので、またまた急いですすきの駅へ。

で、すすきの駅へ降りたのはいいのですが、いつもと違う場所から入ったため一瞬「あれ、ここはどこだ」状態に(゜ロ\)ココハドコ

お酒のせいか、私の方向感覚もけっこう麻痺していたのかもしれません。
でもレビさんの前で恥ずかしい姿は見せたくありませんからね。平然としてましたが、実はけっこうドキドキしていました。


で、いつもの青い地下鉄乗り場に降りていくレビさんを見送り、私はダッシュで地下鉄駅へ(ダッシュと言っても早歩きのようなものですけどね)。

札幌駅では若い女性の駅員さんが「もうすぐ地下通路閉まりますので急いで出てください」と言ってましたので、私は急いで札幌駅に入り、この日は無事に最短コースで家に帰りました。


  シバジョーのつぶやき
昨日の記事でも少し書きましたが、私は今レビさんと一緒にいる時間が一番幸せでして、彼女と会うたびにその思いは強くなっています。
飲みながら会話をしていると、思わず「好きだ」と口走ってしまいそうなほど。いつもその言葉を必死に飲み込んでいます。←だから惚気・・・

ベルギーアイスのように甘酸っぱい気持ちです。

何だこのつぶやきは・・・


0 件のコメント:

コメントを投稿

誰をターゲットに小説を書いていくか

小説の文章は、論文や新聞のように、正確さや分かりやすさを重視していては駄目なのです。 分かりやすい文章で書いていけば万人受けするかもしれませんが、それでは文学ではありません。 「可能な限り同じ表現は使わない。使う場合は必ず間隔を開けて」 これが原則となっていま...