http://www.2ko2kora2ko6256.com シバジョーのブログ: 美味がたくさん!名古屋めし 台湾ラーメン・アメリカンの謎

2018年2月12日月曜日

美味がたくさん!名古屋めし 台湾ラーメン・アメリカンの謎


 今年の札幌雪祭りも本日で終わりを迎えます。当初は雪像造りにも参加しなければならなくなるかもと戦々恐々としていましたが、友人たちは雪像づくりの抽選に外れ、結局今年は一度も雪祭りには足を運べませんでした。行けたのはすすきのの氷像展だけ。雪像も見たい気持ちはあったのですが、人出もかなり多く路面は歩きづらいため、パスしました。


 それで無理矢理な流れなのですが、私を雪像造りに誘ってくれていた友人と、「名古屋には美味しいものがたくさんあるよな~」と話をしたので、名古屋めしに関する話を少ししていこうと思っています。

「名古屋めし」という言葉はよく聞きますが、実際にどんなものがあるのかよくわからないため、調べてみました。
・味噌煮込みうどん
・あんかけスパゲティ
・えびおろし
・香露(ころ)
・台湾混ぜ蕎麦
・台湾ラーメン
・台湾ラーメンアメリカン
・手羽先唐揚げ
・味噌カツ
・ひつまぶし
・きしめん
・天むす
・どて煮
・エビフライ
・名古屋カレーうどん

こんなところでしょうか。まだ他にも私の知らない名古屋めしがあるのかもしれないですが、すみません。私は北海道生まれ北海道育ちで、名古屋には高校生の時部活の全国大会で一度行っただけですので、詳しくは分からないのです。しかも「名古屋の名物食べてみたいな~」と、ウキウキしていた高校生の私が試合の前日に食べさせられたのが、何故かフランス料理ですからね。ツッコミ所満載のディナーですよね。名古屋に来てるのにフランス料理ってのもおかしいですけど、試合の前日にフランス料理はないでしょう。その時食べたのはコース料理でして、けっこうな量だったため身体も重くなりましたし、田舎者の私たちはそんな豪華な料理を食べたことがありませんでしたので、数人が翌日身体を壊し、チームは半壊状態で全国大会に挑んだことを覚えています。←愚痴です、ごめんなさい。
で、宮城県の超強豪校に蹴散らされ消沈している私達に、飛行機の中で食べようと監督が買って来てくれた名古屋名物が何故かシュークリームでした(#^ω^) 私たちは天むすでも食べさせてくれるのだろうと思っていたのに、シュークリームですよ。何故?(#^ω^
っていうか、監督。選手たちがめちゃくちゃにされて沈み込んでいる中で、よくシュークリームなんて買ってこれましたね。しかもニッコニコの笑顔で・・・ 応援に来てくれてた女子の先輩たちの中には泣いてる人だっていたのに。
ごめんなさい、本題に移ります。


 上記した名古屋めしの中で、辛いもの好きに人気なのが「台湾ラーメン」というものらしく、名古屋市内の中華台湾料理店の味仙(みせん)の台湾出身の主人が作ったのが発祥とされていて、具材は炒めたひき肉やニラ、それに大量の唐辛子を加え、スープは醤油系らしいです。←私たちの高校はフレンチ推しでしたため、もちろん台湾ラーメンも食べたことはありません。


 で、気になるのが「台湾ラーメン アメリカン」という名古屋めし。アメリカンというくらいですから、「スープの上にチーズバーガーでも乗っかってるのか」と期待を込めて検索してみましたが、どうやら私の間違いだったようです。
「台湾ラーメン アメリカン」というものは、台湾ラーメンに特製のスープを足し、辛味を抑えたものなのだそうです。台湾ラーメンはかなり辛いものらしいので、スープの量を2倍にしているのだとか。
 何故アメリカンなのかは書かれていませんでしたが、スープで薄めていることから、アメリカンコーヒーと同じ原理で、きっとそこからアメリカンを取ったのだろうということでした。

迷探偵シバジョーにはここまでしか調べることが出来ませんでしたので、由来の明確な理由をご存知の方は教えて下さると嬉しいです。


  シバジョーのつぶやき
上でも書きましたが、超強豪校にニヤニヤと半笑い状態で、ボロボロにされた私達を宿泊先のホテルに戻し、監督と副顧問の教員はのんきに家族や職員室に配るお土産選びに夢中になっていたそうです。それで、張り切って買い物してたからかなりの量になってしまったらしく、大量の買い物袋をいじけた私達に見られるのはまずいと思ったのか、ボストンバックに入れて隠し持っていたようです。でもね、監督。私達は知っていましたよ。あなたのボストンバックの中からカシャカシャと紙袋の音が聞こえてましたからね。そしてその帰りに応援に来ていた数人の父兄とオムライスを食べに行っていたこともしっかり聞かせてもらいました。

またゆるい記事になってしまい申し訳ないです。


0 件のコメント:

コメントを投稿

誰をターゲットに小説を書いていくか

小説の文章は、論文や新聞のように、正確さや分かりやすさを重視していては駄目なのです。 分かりやすい文章で書いていけば万人受けするかもしれませんが、それでは文学ではありません。 「可能な限り同じ表現は使わない。使う場合は必ず間隔を開けて」 これが原則となっていま...