http://www.2ko2kora2ko6256.com シバジョーのブログ: 急須で入れるお茶の愉しみ

2018年1月9日火曜日

急須で入れるお茶の愉しみ

 お正月からお茶を飲み続けています。子供の頃はそれほど好きではなかったのですが、大人(18歳くらい)になってから本当にお茶が好きになりました。それでも最初はペットボトルのお茶を全種類購入して、飲み比べをするくらいでしたが、いつの間にか急須を使いお茶を楽しむようになっていました。



そして私はここで立ち止まらずに、更にお茶の道を知ろうと、煎茶をするための道具を一式買い揃え、カシャカシャと音を立て茶を入れていたこともありました。しかし煎茶をするにはある程度の技術が必要なのか、私が淹れたお茶は思っていたほど美味しくは無く、何度か挑戦しただけで、今はタンスの肥やしになってしまっています。ですが使わないのももったいないので、また淹れてみようとは思っているのですが、急須でテンプレ通りに入れたお茶の方が断然美味しく感じられるため、まだ出せないでいます。

私が急須でお茶お入れる際にいつも手本にしている『お茶の福本園』さんの、「お茶の美味しい入れ方の手順」をここに載せておきます。

・お湯をまず人数分の湯飲みにつぎます。(お湯を冷ますためと、お湯の分量を量ることが出来るため)
・急須に茶葉を入れます。(茶葉の量は、1人当たり60ccで約2gほど)
・あらかじめついでおいた湯のみのお湯をゆっくりと急須に注ぎ、その後約1分ほど、お茶の葉が開くまで静かに待ちます。急須を揺すると茶の苦み成分が出てしまうので、揺するのはNG。約1分くらい経って、お茶の葉が開いたら、急須から湯のみに均等につぎ分けます。
・つぎ始めは薄く、後になるほど濃くなるので、お茶の濃さが平均するように注ぎまわします。
・注ぐ時には急須に残らないように、必ず最後の一滴まで絞るように注ぎきって下さい。こうすれば2煎、3煎まで美味しくいただけます。

【美味しくお茶をいただく重要ポイント】
・お湯は必ず一度沸騰させて下さい。
・お茶を美味しく頂く一番のポイントは、良い水を使う事です。浄水器を通した水を使うようにしましょう。

これの通りにお茶を入れると、私でもかなり美味しいお茶を入れることが出来ます。ゆったりした時間の流れる正月休みから、忙しい日常に戻り心身体も悲鳴を上げているかもしれませんので、1杯のお茶に癒されてみてはいかがですか。


 シバジョーのつぶやき
今日はシバジョーのつぶやきもお茶のことを書いていこうと思います。お茶が好きなだけで、つぶやきのネタがなくなったわけではありませんよ。そんなわけではありません。
 で、お茶の話ですが、お茶の葉となる植物は6500万年前から存在していて、お茶の葉の化石もあるんですって。凄いですよね、そんなに昔からあって、それを今私達が嗜んでいるのですから。くだらないと思われるかもしれませんが、そのことを知ってから、私はお茶を飲むときに茶の葉に感謝するようになったのです。


0 件のコメント:

コメントを投稿

改行の規則

本日は改行の規則についてのお話を少し。 小説を書いていくには、段落をつけないといけませんよね。 でも見街と改行の規則を知らない人って多いんですよ。 ですので、本日はその説明をします。 改行が多すぎても読者さんはうんざりしてしまい...