http://www.2ko2kora2ko6256.com シバジョーのブログ: 映画『ラヂオの時間』に捕らわれて

2018年1月16日火曜日

映画『ラヂオの時間』に捕らわれて

 先日、『ラヂオの時間』という映画を久し振りに見ました。この映画は1993年に上演された、劇団東京サンシャインボーイズの演劇で発表された作品を元に、1997年に三谷幸喜の初監督作品として公開されたのが、『ラヂオの時間』です。


三谷幸喜監督らしくこの映画もコメディ映画で、ラジオ局内で起きるドタバタ劇をコミカルに描いた傑作であります。カメラワークやストーリー展開など三谷監督のセンスが溢れていて、くだらなくも目が離せなくなってしまう映画です。

 生放送のラジオドラマを控え、ざわついたスタジオに、初めて書いた脚本が採用された主婦が来ていました。そこで自分の書いた脚本に対し、大物女優が文句をつけ始めたことから、スタジオ内の空気は熱せられていき、困惑と戸惑い、そして利得に満ちた空気にその主婦は巻き込まれていきます。大物女優に始まり、多くの出演者が自分勝手なわがままを言い出し、丸く収められるはずもないのに、誰にでもいい顔をしたいプロデューサーの判断で、主婦が一生懸命仕上げた作品は好き勝手に書き換えられ、生放送中に取り返しのつかない展開に陥ってしまいます。
三者三様の思惑で始まった素人主婦の脚本の生放送ですが、窮地を乗り越えようと力を出し合い始めた彼らの目的は、「主婦の作品を成功させる事」その一点に絞られていきます。

 久し振りにこの映画を見ましたが、以前見た時と同じく、笑い驚き、その演出の上手さに息を飲んでしまいました。見たばかりなのにもう一度見返したい思いまでしています。
そして作家として、こんな作品を仕上げてみたいなと胸に熱がともりました。


  シバジョーのつぶやき
気づかぬうちに木の小物の上にけっこうホコリが溜まっていました。どうやら大掃除の時にホコリを落としてやるのを忘れていたらしいです。穏やかに笑っている亀の小物なので、余計に掃除し忘れていたことに後悔している。でも気が付いてから、すぐに綺麗にしてあげました。ただの小物とは言え大事にしなければ。

アメリカでは高カロリー食品がウケているみたいですね。揚げバターやピザバーガー、ベーコンチーズロールなど、見ているだけで胸やけしてくるような食品が人気だと言うのです。ただでさえ小食な私には絶対食べられなさそうな物ばかり。アメリカらしさに笑ってしまいました。


0 件のコメント:

コメントを投稿

桃はどう食べるべきなのか

 先日桃を買ってきたのですが、どうやって食べるか悩んでいます。 どうやってと言っても、桃を使った調理をしようとか、そんな難しいことを考えている訳ではないですよ。 桃を冷やすかどうか、悩んでいるのです。  個人的には、フルーツは冷や...