2017年8月5日土曜日

酔いどれ作家

 私はお酒が大好きな人間でして、よくお酒を飲みに出ます。

しかし大好きとは言っても、私はかなりお酒に弱いたちなのですぐに酔っぱらってしまいます。それでも若い頃はまだけっこうな量を飲めたとは思うのですが、最近はもうすぐに酔っ払い、若かりし頃と同じように飲んでしまったらもうボロボロです。記憶が無いこともしばしば。そして、別れ話をする時のお酒は最低です。私の好きなワインでさえ腐ったブドウの味しかしない。気がつけば隣に女性は居ないく、悪酔いしてるという酷い目にあいます。

 お酒という飲み物は一緒に飲む相手さえ間違えなければ、とても楽しい気分にさせてくれます。それで悪いことに日本には四季というものがあり、いつでもお酒を楽しく美味しく飲めるから困ったものです。特にこの時期はビアガーデンなどもあり、夜の繁華街には気持ち良さそうな酔いどれがうじゃうじゃ。前に飲みに出た時はビルの階段で、スーツ姿の男性が眠っているのを目撃しました。そして何故かその上の階段の踊り場にもうずくまるように眠るスーツ姿の男性が。一体どういう状況だったのか未だにわかりません。


 私は以前何かの本で、世界中を旅していろいろな国や文化を持つ人たちの声を載せた本を読んだことがありまして、その本の中で出てくる何人かの酔いどれ詩人が非常に胸に響くことを語っているわけですよ。(どんなことを言っていたかここに書きたかったのですが、引っ越しの際にその本が行方不明になってまして、書けませんでした。まぁそもそも、本の内容を勝手にブログに載せてしまったら法に触れるので、どっちみち駄目でしたね)


そこで、昨夜私は思いついたのです。

私も酔っぱらって小説を書けば、心に響くことが書けるのではないかと。酔いどれ詩人ではなく、酔いどれ作家ですね。

 それで昨夜も赤ワインとマンハッタン、そして水代わりにモヒートなどを飲み、頭の上で天使や星をクルクル回らせ帰宅し、パソコンを開いたのです。
ちなみに私が飲んだのはこいつらです





しかし…… はい、全く駄目でした。星と天使が勢いよく回るだけで、頭は一切回りませんでした。
それでもですね、一応書いては見たんですよ。駄目なものでもいいからブログに載せてみようと思って。もう必死に。録画しておいたGREAT RACEをテレビに流しながら頑張りました。

で、朝起きて昨夜書いたものに目を通したわけですよ。
………けっこう私頑張って書いてたんですよ………
…ゴミでした。

もうね、ゴミにも値しないようなゴミ。

やっぱり小説は酔っぱらって書いてては駄目ですね。
酔いどれ小説家なんて都合のいいことは無理なんです。
しっかりと腰を入れて書いていかなければいい作品など生み出せない。
という話でした。

まだアルコールが残っているのか、変な記事になってしまいました。

ブログの左上の方にある人気ブログランキングのバナーをクリックして頂けると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

春の訪れ スターバックス 2018年:SAKURAプロモーション

スターバックスで2002年以来15年以上続くSAKURAプロモーションの商品が、今年も発表されていたことを今日知りました。スターバックスには「各国・地域の文化を尊重するという精神があり、日本では春に美しく日本中を彩ってくれる桜をモチーフに毎年商品を展開しています。 そし...