http://www.2ko2kora2ko6256.com シバジョーのブログ: レビさんとデートに行ってきました

2018年5月10日木曜日

レビさんとデートに行ってきました



今日はまたレビさんとのデートの話を、少ししていこうと思います。

私達は日中デートの時の定番となった、札幌駅の某石の所で待ち合わせていましたが、案の定二人とも待ち合わせ時刻の10分前には着いてしまい、すぐさまシネマフロンティアへ。
遅れるのが嫌なのもあるのでしょうが、「もしかしたら相手がもう来てるかも」という思いが私達にはあり、早く来てしまうのでしょう。
それより、この日初めてレビさんのコンタクト姿を見たわけですよ。これまでずっと眼鏡をしたレビさんしか見てませんでしたから、札幌駅に来たレビさんを見ても一瞬気が付きませんでした。一瞬ですよ、一瞬。「おっ、めっちゃ美人がいる」と見ていたらレビさんでした(^-^)
 この時言いませんでしたけど頭の中は『コンタクトめちゃくちゃ似合ってるー』でいっぱいでした。眼鏡をしていてもレビさんは綺麗なんですよ。でもね、コンタクトにするとさらに・・・これ以上書いたら次会った時にネタにされそうだからやめておこう。

この日はゴールデンウィークだからか物凄い混みようで、エレベーターもかなり待ちそうでしたのでエスカレーターで登っていき、シネマフロンティアに着くと…「なんじゃこりゃ」と叫びたくなるくらいの人混みでした(-_-;) 老若男女様々な人でごった返していましたが、その中でも特に若い人の数が多かったように思えました(中学生や小学生みたいな子達もたくさん)。でもこの日は子供向けの映画はクレヨンしんちゃんくらいしかなかったと思いますが、中学生にもなってクレヨンしんちゃんを見に友達と映画館には来ませんよね(でもクレヨンしんちゃんの大ファンだったら来るのかな)
 で、私達が観た映画はレディプレイヤーという映画でしたが、この映画は3D眼鏡で観る映画で、私は久しぶりの3D映画でしたので最初のうちは少し酔った感覚になっていました。上手く言えませんけど映像に撃たれた感覚でした(-_-;) でも最初のうちだけですぐに慣れましたけどね。
そういえば、この映画のチケットを渡した時にレビさんに「またこの席なんだ」と笑われましたよ。札幌シネマフロンティアの『F-18』と『F-19』の席。特にこだわりは無いのですがいつもこの席が上手いこと開いているため、ここを買ってしまいます(今回はゴールデンウィークでもあり混雑は予想してましたから、今回は3日前にはチケット買いに行ってたんですけどね。真ん中よりちょい上、右端の席があってよかった)。

 映画を見終わった私たちはイタリア料理店に向かったのですが、天気予報が当たったのか、外はぽつぽつと雨が降っていまして、私たちは外を歩いて行くのをやめ、地下歩行空間へ、
どうでもいい話かもしれませんが、私はデートの時はなるべく外を歩きたい人なんです。なんでしょう、恋人と外を歩くのが好きなのでしょうか。一人の時は「地下歩いちまうか~」みたいな感じで地下を歩くことも多いのですが…

 で、私たちはイタリア料理店があるビルに着いたのですが、私は一時期このファッションビルのCMの曲が頭から離れなくなり、うなされたことありました。
「ルトロワ♪ルトロワ♪ ウ~ゥウゥ♪ ウ~ゥウゥ♪」こんな曲が一日中頭の中に(-_-;)
このCMって北海道でしか流されてないんですかね? 目がつり上がってる3人の女性キャラがオカマのような喋り方をしているCMです。永遠と「ルトロワ♪ルトロワ♪ ウ~ゥウゥ♪ ウ~ゥウゥ♪」的な曲が流れ、オカマ言葉でビルの宣伝をするCMです(#^ω^

話がそれましたね。それ町隆史です。
 ここのイタリア料理店ではパスタ麺を計80種類の中から選ぶことが出来、ゲゲゲの鬼太郎に出てくる一反木綿のようなパスタ麺まであり、いつも悩んでしまうんですよ(-_-;) でも私は一番普通そうなパスタ麺を選びました。レビさんは何のパスタ麺だったかな?私のパスタよりは太めのパスタ麺だったはず。

私が選んだのは「ほうれんそうとホタテのパスタ」



 フォークどかしてから写しなさいよ・・・


レビさんが注文したのは「渡り蟹とキノコのトマトクリームパスタ」



二人で一口ずつお互いのパスタを食べたのですが、レビさんのパスタを食べた瞬間「あっ、このパスタにしとけばよかった」と少し後悔しました。でもこの「ほうれんそうとホタテのパスタ」も凄く美味しかったです。かなりクオリティが高い料理を出しているにもかかわらず、ここは他店よりも少ししか値段も高くありませんので満足でした(^-^)


 そして私たちは雨も止んでいたため外を歩きすすきのへ。
前回レビさんが「観覧車に乗ってみたい」と言っていたことを覚えていたので、ノルベサというビルの屋上にある「ノリア」という観覧車に乗ってきました。




観覧車から見るすすきのの夜景はいつもよりずっと綺麗に見え、レビさんが隣にいることに嬉しさと幸せを感じていたため、乗ったと思ったらすぐに降りてしまった感覚でした。
レビさんさえよかったらもう一回乗りたいですね。あと5周くらいしたかった。
「待って、レビさん。あと5回乗らない?」と聞いてみればよかったか。きっと断られたでしょうけど。
今この話書いてて気づきましたよ。「観覧車に乗りたい」と言ったレビさんよりも、私の方が観覧車を楽しんでいたのかも(-_-;)
  というか、絶対に写すべきテレビ塔を写すのを忘れていました。北海道で一番高い建物を写さないでどうする・・・

 すすきのの夜景を地上71メートルの高さから楽しんだ後は、海鮮ダイニングへ。
最初この店は候補に入れてなかったのですが、前にデートで飲んだ時に、小さい水槽の中を泳ぐ魚を見て、レビさんが楽しそうに見ていたのを思い出し、けっこう大きめの水槽で熱帯魚らしきものが泳いでいるのが見えるこの店にしました。(実はもう一つ理由があって、観覧車のあるビルの裏口から出ると、私たちの好きなバニーちゃんの店の前を通ることが出来るからなのです。でもこの日通った店舗は小さいためかあまり見えず… でも晴れてる日なら、たまにですがバニーちゃんが何人か店の外に出てお客さんを呼んだりしていますので、レビさんにも一度見せてあげたかった)


そして海鮮ダイニングの水槽はこんな感じで、熱帯魚っぽいのが何匹も泳いでいます。レビさんは写真を撮るのに夢中になっていました。私は上手く写せませんでしたので、レビさんがブログにアップしてくれることに期待しています。

 で、この店で私たちを悩ませたのがこのお通しですよ・・・




写真だけで判断するのは難しいかもしれませんが、これなんですかね?
野菜の強いえぐみと無駄に強い味付けが調和した謎のお通しです。
好きな人は好きなのでしょうが、私はほとんど食べられませんでした。いったいこれは何なのか? 誰か答えを待っています。


 
 で、お店がけっこうガヤガヤしていましたので次の店へ。
次にに行ったお店はステンドグラスと、フルーツをふんだんに使ったカクテルが売りの店です。



レビさんが注文したのが奥のカクテルで、私が注文したのは手前のカクテルです。
ちょっとお店が静かすぎて失敗したかなーとも思いましたが、レビさんは楽しんでくれているようでしたので一安心。

1時間ほど話をしているともう終電の時間が近づいており、私たちは急いで店を出ました。
レビさんは少し酔ったのか、帰り道で少しふらついていましたので心配でしたが、いつもの地下鉄入り口まで一緒に歩き、階段を降りていくレビさんを見送り私は一人寂しく我が家へ。

でもこの日はラッキーなことにギリギリ札幌駅が閉まる前に着き、最短距離で家へ…帰るはずがコンビニに寄り探し物を。また少し話がそれます。それ町隆史です。
探し物と言ってもミンティアなのですが、なかなか私の好きなミンティアが売ってないんですよ。軽く酔った体でミンティアが置いてある棚と1分ほど睨めっこした結果…目当てのミンティアは無く、缶コーヒーだけを買い外に。
それでマンションの近くまで行くと、酔っぱらった様子の若者たちが、笑い声を上げながら車道を走って競争してました。20歳くらいの金髪の女の子もいましたが、その子なんてバッグ振り回しながら走って「キャハハハハ、ウケる~」なんて叫んでました。こっちは引きましたよ。ドン引きです。
さすがにこの時間は車の数も少ないですが、羽目を外し過ぎると痛い目見るよ~と思いながら帰ってきました。
 でも頭の中は走り回るアホな彼らの心配よりも、今度はどこに行けば喜んでくれるかなぁと、レビさんとの次のデートを考えることでいっぱいでした。

 今回もとても楽しかったぜ!レビさん!




  シバジョーのつぶやき
つぶやきもレビさん関連で行きますが、私4月の頭から東京に行ってまして、東京の某所で写した桜と街並みの画像を送ったのですが、「これ全然東京っぽくないw」とレビさんに笑われまして・・・ 送ったのはこの画像なんですが、そんなに東京っぽくないですかね?




皆さんの意見を聞こうと思いまして・・・

 この画像東京っぽいですよね?

 間違いなく東京で写した画像なんですけど。

私に気を使う必要はございませんので、正直な意見を聞かせて下さい(^-^)

 ・・・この画像の字、自分で書いたとは思えないほど汚い字だな・・・
   焦って書いたとはいえ、これは酷い・・・ 知性の欠片もなさそうな字だ・・・

1 件のコメント:

  1. お久しぶりです
    ラブラブデートの様子 楽しい様子を読んで
    ニマニマしちゃいました~~~。
    デートなんて もう何年もしてないんだろう・・・
    いいなあ。というのが 素直な感想です。

    東京の桜
    ビルが写っていないから そう見えないのかも ですね。

    返信削除

誰をターゲットに小説を書いていくか

小説の文章は、論文や新聞のように、正確さや分かりやすさを重視していては駄目なのです。 分かりやすい文章で書いていけば万人受けするかもしれませんが、それでは文学ではありません。 「可能な限り同じ表現は使わない。使う場合は必ず間隔を開けて」 これが原則となっていま...