http://www.2ko2kora2ko6256.com シバジョーのブログ: 描写に動きをつける方法

2018年7月17日火曜日

描写に動きをつける方法



小説を書いていると、描写に動きが無く困ったことはありませんか。



登場人物は動いているはずなのに、自分の書いた文章を読むと、「止まったまま動いている」と感じたことはありませんか。実は私、何度もこの経験があります。

で、描写に動きを出すための方法なのですが、それは・・・

動きを分割して、その動きの結果ではなく、過程を書くことに力を入れる。

これをするだけで、驚くほど描写に動きが出るようになるんですよ

描写に動きが出なくて悩んでいる人の多くは、動きの結果を書くことを、急ぎ過ぎているのだと思います。
確かにその動きの結果が、次への繋がりになるのですから、結果を焦る気持ちもわかります。
でもその結果に至る過程をしっかり書くことが大事なのです。

例えば、

A子はティッシュを取った・

  これだけでは何の動きもないでしょう。


A子は椅子を引き、細い手を伸ばし、テーブルの上に置かれたティッシュを一枚取った。


これだけでも動きの印象が違いますよね。

ですがここで気を付けなければいけないのが、行動描写以外の余計な情報も付け加えてしまうことです。あまりに情報が多すぎても、読者は読み疲れてしまいます。

A子は真新しい木製のダイニングチェアを引き、涼しげでフェミニンなレースブラウスから細い手を伸ばして、イタリアから取り寄せた楕円形のテーブルに置かれた、ティッシュ箱からティッシュを一枚取った。

これではまた動きが見えなくなってしまいますね。ですので情報を詰め込み過ぎることもNGです。


動きを出したい時には、動きの結果でもその周りの情報でもなく、動きの過程をしっかり書いてやることです。


  シバジョーのつぶやき
最近なかなかつぶやけずにいます。そして今日もつぶやかずに去ろうと思います。
でもこれが、つぶやきといえばつぶやきか。

では、私は新作の執筆に勤しみます。



0 件のコメント:

コメントを投稿

桃はどう食べるべきなのか

 先日桃を買ってきたのですが、どうやって食べるか悩んでいます。 どうやってと言っても、桃を使った調理をしようとか、そんな難しいことを考えている訳ではないですよ。 桃を冷やすかどうか、悩んでいるのです。  個人的には、フルーツは冷や...