http://www.2ko2kora2ko6256.com シバジョーのブログ: 悪い日ばかりは続かない 必ず良い日はやってきます!

2018年5月9日水曜日

悪い日ばかりは続かない 必ず良い日はやってきます!


 生きていく上でいろいろな問題に出くわしますよね。

自分が望まない出来事が連続して襲ってくるような、そんな経験をしたこともありますし、普通に生きていくだけでも問題は山積み?なんて思えますけど、考えようによっては問題が起こってもそれほど苦ではない気もします。

ちょっと宗教っぽい話になってしまうかもしれませんが、私は宗教的な思想は持ち合わせていませんのでご安心を。(でも私は大安吉日とか仏滅、それに7日帰りなんかも気にしてしまうから、宗教的な考えも持っているのかな・・・)

これって物凄く短絡的な考えに思われるかもしれませんが、

悪いことはそんなに長く続かないと思うんです。

辛い気持ちを持っていると毎日が暗く悪い日が続いているように思えるかもしれませんが、その分絶対いい日が来るとも思っています。

自分にとって悪い毎日が続いていても、笑える日はきっと来ますよ。


神様ってものがいるかいないかはわかりませんが、私たちは悪い事にも出くわす分、良い事に出くわすことだって出来るはずです。


世界中には私たちの想像もできないような、苦しみを抱えている人たちも多くいるでしょうから、ぬくぬくと暮らしている私みたいな人間が偉そうに言えたことでないのはわかっていますが、悪い日ばかりは続かない、良い日が必ず来ると信じて生きています。


でも良い日ってのも曖昧な言い方だとは思いますけどね。幸せの尺度なんて人によって違う訳ですし、私が「良い日」と思えるものでも、他の人から見れば「悪い日」なのかもしれませんしね。

こう考えると私の幸せの尺度は低く、幸せを感じやすいのかな・・・

ま、それはいいとして、

「その一日がどんな一日であろうと心を開いて過ごせば、幸せの蔦はあなたの手に」

と言う言葉もありますし、心を開いて生きていくことが、私達には必要なんだなと思う今日この頃です。

でも常に心を開き続けていても辛いかもしれませんから、そんな時は一日くらいそっと心を閉じて、休息日を取るのもいいのかもしれませんね。

ルールなんてないんですからね。自分が心地いいようにやってくのも大切でしょう。




  シバジョーのつぶやき
この前お寿司を食べたのですが、今もまたお寿司を食べたくうずうずしています。
お寿司って半端に食べてしまうと、すぐにまた食べたくなりませんか? 
お寿司は食べられる機会にお腹いっぱい食べておかないと、すぐにお腹が鳴ってしまいます。寿司っ腹ですね。お腹が叫ぶようにお寿司を呼びます。「おい、もっと寿司食わせろ」って感じです。
私は海老が好きですので、大海老のお寿司をもっと食べておけばよかったと後悔しています(-_-;) あとサーモンも。邪道だと言う人もいますが私は、炙りサーモンのお寿司も大好きです。大海老と炙りサーモンを食べていれば満足です。でも高いですけどウニも食べたいですねぇ。あとホタテも・・・きりがないですね(-_-;)
嗚呼・・・ お寿司が食べたい・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿

描写に動きをつける方法

小説を書いていると、描写に動きが無く困ったことはありませんか。 登場人物は動いているはずなのに、自分の書いた文章を読むと、「止まったまま動いている」と感じたことはありませんか。実は私、何度もこの経験があります。 で、描写に動きを出すための方法なの...